FC2ブログ

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

燕秀1

2010年04月18日 16:53

貴陽を出る前、秀麗の体調はまだ普通で。
出た後は眩暈と、吐き気でどうしようもなくなってきた。
リオウの薬でなんとか、起き上がれる日もあるという具合である。
それでも、どんなに体調が優れていなくとも、最後の官吏としての仕事、、紅州行きを無理にでも行った。

・・・なんなのこれ、、ほんと、冗談じゃないわ。



[ 続きを読む ]
スポンサーサイト

燕秀2

2010年04月24日 10:23

だいぶ過激な妄想です。

--------------

[ 続きを読む ]

燕秀3

2010年05月15日 13:49

*秀麗実は死なないんじゃない?という希望的設定。
*しかもその3年後設定。

-----------



[ 続きを読む ]

燕秀4

2010年05月23日 20:03

「燕青」
「、、なにー?」
「きらい」
「・・・・」
「燕青なんてきらい」
「・・・言葉と行動がまるっきり逆なんですケド。姫さん」
「・・・なによ。きらいっつったら、きらいなの!もっとして!」
「ハイハイ。こーですかー?」
「・・・ん、上出来」

夜の帳が下りる。
それっきり声がしなくなった部屋の前でため息をつく人間一人。

翌日、燕青の頭をタケノコが襲った。



-----------


静蘭のやきもちです。

燕秀語り①

2010年08月09日 21:46

燕秀について語ろう!①

まったく燕秀のお話が書けてません。
いろいろ書きたい話あるのに・・。

ていうか、あれですか。燕秀が少ないのは、燕青がいいお兄さんキャラの立ち位置だったからって、本当ですか?!
まったく知りませんでした。
私にとっては寝耳に水でした。
白虹~で引いた人とかいるんですって?!
何を言うかな、あれは、萌えですよ、萌え。

わたくし、まったくいい兄貴としてなんか見てませんでしたよ。
シタゴコロアリアリな感じのいちゃいちゃにしか見えませんでした。

ええ、燕青は確信犯です。(笑

そう思っております。

ただ、ね。ただ。

やっぱり秀麗ちゃんには思ったとおりの人生を生きてもらいたいって思いが一番頭にあって、官吏としてのその先を見たいって思いもあって。
「俺が!!」
とはいけないわけですよね。

でも、燕秀派としてはどんな夢物語でもいいから二人でイロイロしているところが見たいわけですわ。

だって公式に秀麗ちゃんが好きだと気持ちが出ているのって、燕青と主上だけ・・のような気がしますよ。
(あ、あと三太・・)
静蘭は女性として好きって感じではないし。朔ちゃんは問題外。

燕青、いい男だよねぇ・・
胡蝶さんと・・という予定もあったんですかね?
それでもいいかもしれないけど。
(アレ?!)
うん、胡蝶さんという話もありよのう・・。身請けは出来ないけど(借金で)、お互い大人の恋愛をしそうだね。


あれ?燕秀話は・・。
その②へ!



燕秀5

2010年08月13日 16:19

燕秀5



「今から姫さん探しに行ってくるから、俺たちが戻ってこなくても、王様がやってきたらかまわず綱切って逃げるんだぜ」
「・・いーけど、エンセーたちはどうするのさ?」
「まぁ、何とかなんだろ」
急ごしらえの罠を作った後、燕青は蘇芳にいくつかの指示をして秀麗を探すために社へ向かっていった。
相変わらず飄々とした感じで危機感も無く。
「・・すげぇ活躍ぶりだよなー」
蘇芳は走り去っていく燕青の後姿を見ながらつぶやいた。
俺のお供役はもう終わったかな。
轟々と音を立てて流れていく水の音に首をすくめながら、蘇芳は船に寝転んだ。
「おじょーさんは幸せモンだな」
自分の腕を枕にして蘇芳はつぶやいた。

[ 続きを読む ]

燕秀6

2011年01月23日 23:58

*秀麗ちゃん21歳設定。


私の気持ちが固まるのを待つ、とあの人は言った。
そんなの、もうずっと前から固まってる。


・・・・
[ 続きを読む ]

燕秀7

2011年01月27日 00:59

藍州は水の都。
行きかう船は人々の幸せと商品を運び、貧富の差の少ない都は夕暮れの光を受けてきらきらと輝いていた。
その都のとある場所。


「おじょーさん、今日ちょっと燕青と飲んでくるわ」
「へ?」

[ 続きを読む ]

燕秀8

2011年01月27日 23:02

一番近くの他人に徹しようと思っていた。


いつからそう思ってそばにいたのかはわからない。
それくらい人に恵まれていた姫。
愛情も友情も。

[ 続きを読む ]

彩雲国最新刊!

2011年06月11日 13:13

わぁい☆彩雲国最新刊!発売♪
5月31日に仕事昼休み本屋行ってゲットして一回目は内容飛ばし読みしながら(スイマセン・・)燕秀のみにターゲットを絞って読みました。そして今ゆっくりと2回目読んでいます。

追記でネタバレ有り?の燕秀感想をか、語って・・いるほどでもないけど、幸せです。
こ、今回のすごいね!

大活躍!っていうか、LABシーン多い?(笑)


[ 続きを読む ]

彩雲国物語 紫闇の玉座(下)

2011年06月29日 21:43

1日早く手に入れました。
最初はアマゾンさんで予約を入れましたが、キャンセルしてよかったです。
確かに厚め。

ちゃんとは読んでいないので、じっくりと読んで・・読み込んでみようと思います。

ざっとページをめくってみて、あらためて感じたことは。

彩雲国物語のメインは劉輝と秀麗でした。
(なぜちいさ文字)


ただ、、ただですよ。
いかに燕青が好みだからって(笑)、ふたりの物語であることは変わらない。
この本に出会えてよかったです。

最初は由羅カイリさんのマンガから入りました。
その後小説を読み漁り、登場人物の魅力に打たれ。
とうとう最終巻。

寂しいような。
嬉しいような。

でも心からありがとうといいたいです!
雪乃先生おつかれさまでした。


・・ぜひ、秀麗と燕青のその後を外伝で!(超期待)


では、読んできます!








燕秀10

2011年07月09日 21:07

新刊ほぼ読みました。
でも劉輝の話だといまいち読み進めないっていうか(ヒドイ)




-----------------------




[ 続きを読む ]

燕秀感想

2011年07月21日 22:49

新刊読み終わって(遅)、いま二週目を楽しんでおりますマクロです。

やっぱり秀麗の最後の決断というかご結婚というものに違和感を覚えつつ二回目中ですが。
以下ちょっと自分が思った感想というものを。吐いてみようかと。




[ 続きを読む ]

うらやましい特典

2011年11月02日 23:24

彩雲国の文庫版1巻が出ましたね!
さらっと立ち読みしてみたんですが、加筆あるんでしょうか・・
それが解らないくらい1巻は読んでいないことに気がつきましたマクロです。
こんばんわ。

ということで1巻からまた読み始めております、彩雲国物語。
やはり面白いですね☆
最初から黒大将軍のお名前とかあったりして、おっ、と新鮮な発見がありました。
というものの、本当に読み込んでいなかった第1巻、最初は秀麗と劉輝のラブ?!がやはりどうなるものか?!にご注目だったんですね!(早く気付け)

でも!
そこは燕秀スキーとしては燕青の登場を待っちゃうわけです!

それはさておき。
どうやらポイントキャンペーンというものが行われていたようで、その後の物語が<Curtain Call>として特典になっていたんですね!
もはやライトノベルに手当たり次第手を出す年齢でも無いのでスルーしていたんですが、今となってはとても羨ましい特典となりましたね。
今までの文庫化になっていない特典ものを集めて出してほしいという夢がありますが、どうかな・・。
でもステキサイト様さまがあらすじを掲載いただいてまして、その中に燕秀(違)のその後の関係を予測・・否!決定付ける下りがあったことに素晴らしく興奮しております!

なんてこと!なんてことなの!

燕秀スキーであればあらすじをぜひご確認いただけられたら・・!

まだ若いもの、秀麗ちゃん!
その後何年も一緒にいることで王様より魅力あふれる男にドキドキしちゃうわよ!

的な二次創作したいなー!
誰にもはばかれずに打ち込める時間がほしい!

あー萌!萌!










文庫版

2011年11月27日 00:35

文庫版2巻さらっと立ち読みしました・・
加筆されていた!

燕青がらみしか読んでいませんが(もうその時点でやばし)、王様に会いに行くところと秀麗ちゃんと別れるときの心情のところを確認したよ!

ええー、そんなことされちゃったら、か、買うしか、、






  はじめにお読みください。
  
  こちらのサイトはFF5・聖剣3・彩雲国物語の二次創作小説サイトです。
  カップリングはバツレナ・デュラリー・燕秀がメインです。
  (それ以外はあんまりありません)
  かわいいくらいのエロあります。閲覧は自己責任でお願いします。
  
  上記ゲーム等の版権元様とは一切関係ありません。
  

最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。