FC2ブログ

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デュラリー3

2010年04月07日 23:56

リース様。
「なぁに?」
リース様もいずれアマゾネスの道を行くのですね。
「そうね、お父様もそう望んでいるわ」
しかし・・・リース様。アマゾネスは男子禁制。いづれの殿方もそばに近づけてはなりません。
「・・・わかったわ」
殿方と交わるときは、アマゾネスたりうる資格は消えることとなりまする・・・。





豊かに波打つ金色の髪を風に遊ばせながら、王女は過去へと思いをはせる。
ローラントの春の風はやさしい。場所によっては人間も吹き飛ばすほどの風を起こすのだが、春だけは、やさしかった。
「リースぅ♪」
後ろから響く声。そして。
「きゃーっ」
後ろから腰を抱えられ、一瞬宙に浮く足。
「こんなとこにいた!ずいぶん探したぜ」
あわてて後ろを振り向くと、瞳の奥に闇の光を湛えた黒髪の青年。
その後ろから憮然とした表情でそっぽを向くまだ幼さを残した騎士。
「は、はなしてください・・」
「やーだ。リースは俺のもの」
ホークアイはより強くリースの腰を抱きしめる。
と。
「あいった!」
ホークアイはリースの腰を離し、自分の頭を押さえる。
デュランが無言でホークアイを殴ったらしい。
「な、殴ることないだろ!!」
「るせぇ」
デュランは不機嫌そうに、また口をつぐんだ。
「ごめんなさい、急にいなくなって」
「うん、いいよ。・・ここはリースの思い出の場所?」
「えぇ。亡くなったお母様とよくここに来ていたの。気持ちのいい場所でしょう?」
さわわ・・・ざわわ・・・風が通り過ぎる。
「きれいだな」
デュランが景色を眺め、つぶやく。その言葉に、リースはなんだかうれしくなる。
「ま、俺は景色より、リースのほうがきれいに見えるよ」ホークアイは、ふっとため息をつくと、「じゃあ、ちょっと買い物してくるよ。当番だしなー。」
そう言ってホークアイは二人の前から消えた。
「あるきますか?」
リースは手を差し出す。
「うん」
デュランはその手をとる。

「ホークアイは気を使ってくれたのかしら?」
「そうかもね」
デュランは肩をすくめる。
あいつらしい、よくわからない気の使い方だ。
リースはクスクス笑う。
デュランはちょっと考えて、つないでいた手をちょっと離し、新たに握りなおし指を絡める。
「・・もうすぐだな」
「ええ・・やっと、ですね」
3人の気持ちは一緒だった。
もうすぐ、闇の貴公子の姿を捉えられる。
奴さえ倒せば、世界は救われるかもしれない。。
そして。
「旅も、終わり。ですね・・」
リースが寂しさを言葉にのせてつぶやく。
「ああ・・・」
二人の間を風が吹き抜ける。だいぶ暖かい風になってきた。
春は、もうすぐそこだ。
「デュランは、どうするんですか?この旅がおわったら・・」
リースは潤んだ瞳でデュランを見る。
「さぁ、、どうだろうか。フォルセナに戻って、英雄王様に仕えるか、それとも、、」
それとも?
ちょっとだけ、リースは期待した。
でも、それに対してデュランは何も言わなかった。
「リースは?やっぱりローラントの復興、だよな」
「ええ、エリオットを助けていかないと、ですしね」
リースの金髪が風に流れてふわふわと舞う。
デュランが歩きをとめて、リースと向かい合う。
「?どうしました」
デュランの手がリースの手を離れ、両手でリースの頬を包み込む。
いとしい姿。顔。

「どうしたんですか・・。」
リースの手もデュランの手を覆うように、重ねた。
男なんてこんな時、弱いもんなんだぜ。
デュランの全身が震える。そして、、、。
「おれたち、生きて帰ろうな」
やっとのことでデュランの口から出た言葉は、愛の言葉ではなく、リースが期待していたような行動でもなかったが。
リースの瞳から涙がこぼれ落ちた。デュランはその涙にびっくりして手を離す。
「ど、どうした?」
「ちがうの。。。うれしい」
デュランはリースの涙にちょっと動揺していたが、意を決すると、リースの涙に口付けた。そして、腰を抱く。

いきなりの不意打ちにリースは驚くが、彼の胸に体を預ける。
「生きて帰ろう・・。絶対に」
リースの耳元で彼はつぶやく。
リースも、何度もうなずいた。
彼の腕が、温かかった。



わたし、恋をしました。
もしかしたら、アマゾネスの資格はなくなってしまうかも知れない。
それでもいいと、思えるくらいの人に出会えた。
これは、とても幸せなこと・・・。




end


  はじめにお読みください。
  
  こちらのサイトはFF5・聖剣3・彩雲国物語の二次創作小説サイトです。
  カップリングはバツレナ・デュラリー・燕秀がメインです。
  (それ以外はあんまりありません)
  かわいいくらいのエロあります。閲覧は自己責任でお願いします。
  
  上記ゲーム等の版権元様とは一切関係ありません。
  

最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。